読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大野さんの熱愛報道を受けて

フライデーの記事を見て、それに伴って出回る個展のグッズやお相手の方のSNSを見て、ここ数日いろんなことをぐるぐるぐるぐる考えていた。

最初は、「熱愛ー?ちょっと画像見に行ってみよ」

見る。「えー結構確定的なやつだ、お相手特定、は~なかなか大野さんの存在匂わす投稿だ~」

って、感じでわりと傍観していた。

ただ、パグね、あれをTシャツにしてグッズにしたり、定かではないけど缶バッジに描かれた瞳とかを見て、そうするとなんだかもう目の前がクラクラして気持ち悪くなってきちゃって。

そもそもなんで撮られるようなことになってんだよ、詰めが甘い、てか事務所は記事が出るのを止められなかったのか?もっと大きい記事があったとして、それと引き換えに出たのか?
考えても仕方のないことまで考えてた。

私はガチ恋ではないし、恋愛や結婚は自由だと思う。
でも、腹くくって、嵐としてやっていくと決めたんだよね?
それなら撮られないで欲しかった。もし撮られても、即お相手特定、SNSには大野さんの存在がそこかしこにある、なんていい気分はしない。

彼女がいてももちろんいい。別れる必要はないし。
でもアイドルにはファンという存在もいて。

コンサートが発表される。チケットがとれるかわからない段階から、交通手段と宿の確保。職場や学業や家族へのフォローやら全て整えて。
会場はみんな嵐の味方。「好き」が溢れてる。
嵐も最高のパフォーマンスをしてくれる。
大野さんに向けて作ったうちわを作って持っていたら、「うんうん」って笑顔で頷いて指差ししてくれる。

コンサートが、この空間が一番大事。そう言うなら、もう同じことにはならないで欲しい。


いろいろ見てると、「これで担降りするなんて真のファンじゃない」みたいな意見も見かけるけど、担降りするのも自由だと思う。
私は、担降りするならこのグループ、この人っていう人はいるけど、実際担降りはしていない。
でも、ちょっと今は大野さんとは距離を置きたいかな…
まぁ、もともといちファンと大野さんとの間には果てしない距離があるのだけれど。

昨日の挨拶では、「これからもついてきてください」と言ったそう。
去年のハワイでは、「これからも、共に人生歩んでいきましょう」と言ってくれたのが本当に嬉しくて。
そのつもりで、大野さんの笑顔や、パフォーマンスを楽しみたかった。
嵐というビッグプロジェクトの行く先を、はしっこからでも、その内側で見ていたかった。

どうか、明日明後日のコンサートでは、笑ってほしい。
らしくないかもしれないけど、強い言葉で、ファンを安心させてほしい。
信じていいんだ。って思わせてほしい。